自分で出来るリフティングマッサージ

たるみが気になる原因にも色々とありますが、リフティングマッサージでリンパの流れをよくして、老廃物を外に出すようにしてあげると、たるみを改善してあげることが出来ます。

ポイントはリンパの流れにそってマッサージをするということなので、正しいマッサージ方法を身に付けないと、意味がありません。

そこで今回は、リフティングのためのリンパマッサージについてご紹介しましょう。

洗顔をするときにやってみよう

リフティングのためのマッサージですが、出来るだけたるみを改善したいからと言って、力任せに行うのはNGです。

優しく、お肌をさするように行うのがベストなので、マッサージ専用のクリームなどを用意するのがおすすめです。

クリームを用意するのが面倒、もっと手軽に行いたいという人には、洗顔中に取り入れてみましょう。

さて、肝心のリンパマッサージの方法です。

1.フェイスラインからアゴの下にあるリンパ節へ向かって手を滑らせ、アゴから耳の前にあるリンパ節へ向かって手を滑らせます。

2.次に目頭から頬骨の下を通って、耳の前のにあるリンパ節へ向かって手を滑らせます。

3.同じく目頭から目の上を通り、そこから半円を描くようにして目じりへ、そこから耳の前にあるリンパ節へ向かいます。

4.最後に首の真横を通りながら、鎖骨にあるリンパ節へ手を滑らせて完了です。

鎖骨は難しいでしょうが、顔周りであれば洗顔中にも行うことが出来ます。

リンパの流れを意識しながら洗顔をするというのも良い方法です。

ただ鎖骨にあるリンパ節は大切な場所になるので、リフティングマッサージを行う場合は必ずサイズに鎖骨のリンパへ向かってマッサージをしてください。